レディー

目の下のたるみは治療で治そう|引力に負けない肌に

効果が高く安全な方法

胸元

傷をつけずにサイズアップ

豊胸手術は色々な方法でおこなわれていますが、その中でもシリコンバッグ挿入法には、特に高い人気があります。シリコンジェルやバッグを挿入するという豊胸手術なのですが、効果はバッグの大きさに左右されます。つまり大きなバッグを入れれば、バストの小さな人でも、一気にサイズアップさせることができるわけです。しかも、バストを切開せずに挿入できるという点も、メリットのひとつとなっています。具体的には、まずは脇を2センチほど切開し、そこからバッグを細く丸めた状態でバストへと挿入するのです。そしてバストの内部に到達したら、今度はそこへシリコンジェルを注入していくのです。するとバッグが膨らみ、それに伴ってバストも大きくなっていくわけです。脇を切開するのですから、バストは格段に大きくなるにもかかわらず、傷がつくことはないのです。

袋が破れても安心

従来のシリコンバッグ挿入法による豊胸手術では、バッグが破れてシリコンジェルが流れ出る可能性がありました。流れ出ると、バストの形が崩れてしまうので、その場合はバッグやシリコンジェルを取り出した上で、豊胸手術をやり直すことになります。そのため昨今では、これを回避するためにコヒーシブシリコンが使われるようになっています。これは、たとえ強い圧力で潰したとしても、自然に元の状態に戻るという、形状を記憶する性質のあるシリコンです。そのためこれをバッグに入れた場合、バッグが破れたとしても、そこから流れ出ていくことはありません。効果が長続きしますし、安全性も高いということで、コヒーシブシリコンによる豊胸手術は、注目を集めています。