レディー

目の下のたるみは治療で治そう|引力に負けない肌に

乳がんに伴う再建手術

バスト

多くのメリット

乳がん手術を行うと乳房切除が行われます。女性らしさを象徴する乳房を失ってしまうことで、精神的に喪失感を感じることがあったり、物理的に不都合な点が生じてしまうことがあります。そんなときには乳房再建手術を受けてみるといいでしょう。乳房再建手術を行って元通りの自分の体を取り戻すことで、様々なメリットを期待することができます。まず第一に乳房の喪失感を解消することができます。またパートナーと自然に接することができるようになったり、温泉や公衆浴場に行っても他人の目を気にすることがなくなります。さらに子供と一緒にお風呂に入ることもできるようになるはずです。この他にも一般に販売されている下着を着用することができるようになります。

再建手術の方法

乳房再建手術には大きく分けると二種類の方法があります。一つ目はお腹や背中といった体の一部を胸に移植する方法で、もう一つは人工の乳腺を挿入するという方法です。それぞれの乳房再建手術にはメリットがあるため、事前によく理解したうえで最適な方法を選んでみることが大切です。体の一部を胸に移植する方法は、手術時間が2時間から5時間となり、入院期間は1週間から2週間となります。また移植部分は自然に老化するというメリットがあります。一方で人工の乳腺を挿入する場合、手術時間は30分から1時間と短時間になり、手術日に日帰りすることも可能です。しかし再建部分の耐用年数に限りがあり、乳房が変形してしまうこともあります。そのため、確かな実力を持った医師に手術をお願いすることが大切です。