レディー

目の下のたるみは治療で治そう|引力に負けない肌に

コンプレックスを治す医療

医者

美容と医療

近年では「美容整形」という医療行為が年々話題になってきているため耳にした事がある人も多いと思います。この美容整形とは正式には美容外科と言い、その医療行為は美容外科手術と呼ばれます。この美容整形は見た目を美しくする事が目的の医療です。例えば目を一重から二重まぶたにしたり、鼻を高くして顔のシワを減らす、豊胸手術等その種類も様々です。 整形という言葉を聞くと抵抗を持つ人も居るかもしれませんが、美容整形はその人の見た目のコンプレックスを治療する事ができる唯一の医療行為でもあります。長年のコンプレックスが解消できればその後の人生に置いて計り知れないほどの精神的なケアができるのが一番のメリットです。現代では健康な身体を持つ人のQOLを高める上でこの美容整形は一つの選択肢になっています。

形成外科との違い

美容外科(美容整形)は形成外科と混同され易いですがそれぞれ全く別の医療です。簡単に言えば美容外科は身体の異常が無い人が美容目的で受ける医療であるのに対し、形成外科は外傷であったり事故や病気で失った部位の治療や機能の回復を行う医療になります。具体的には目の治療で言えば目を大きく見せるように二重まぶたにするのは美容外科ですが、ドライアイ等の目の病気を治療するのは形成外科の医療になります。 この治療目的の違いからも、美容外科では健康保険は効かないため全額自己負担になりますが、形成外科の治療では問題無く健康保険は適用されます。今後美容外科への受診を検討している人は、ここを間違えないようにしっかり覚えておきましょう。